ペイサービス

利用例

利用例

御社ならではのレトロコード(番号)を取得して、RHETOLOアプリからこんな集客や訴求をしてみるのはいかがでしょう。

お申し込みはRHETOLOディーラーまで

▲PAGETOP

ゴロ合わせ例

下記は、日本ではポピュラーな数字(語呂合わせ等)での情報伝達パターンです。きっと、御社ならではの活用法が見つかるはずです。スポンサーシップの番号はドメイン同様、固有(ユニーク)なものですから、既に「ご利用の数字」や「これは!と思う数字」で、会社またはサービスの周知、集客を実現させてみてください。

パターン1(会社名)

パターン1(会社名)

会社名がそのまま、数字表現できる場合は、最もわかりやすい訴求です。すでに、その数字が一般的に認知されているなら尚更です。

パターン2(伝統/ブランド)

パターン2(伝統/ブランド)

創業年が古ければ、古いほど、伝統、老舗といったブランド価値を訴求できます。また、他社との差別化をはかる、わかりやすい数字表現です。

パターン3(商品、サービス名)

パターン3(商品、サービス名)

商品名やサービス名が、そのまま数字であれば、そのまま活用できますし、語呂合わせで、名称を表現できる場合もあります。

パターン4(アルファベット1)

パターン4(アルファベット1)

デジタル文字で、逆さにして読むと、数字に置き換えられる場合があります。7はL、8はB、0が0、4がh、6がg、5がS、などなど。工夫してみてください。

パターン5(アルファベット2)

パターン5(アルファベット2)

数字の語呂合わせを活用できないアメリカでは、ダイヤルボタンに表示された、文字入力用のアルファベット文字を使って、英語表記の会社名や商品名を表す場合があります。対米向けや、本社が海外にある企業では、このような数字表現もいいかと思います。

パターン6(数値訴求)

パターン6(数値訴求)

建造物や、面積など、高さや広さが特徴的な数字であれば、それをもとに訴求してもいいかもしれません。

パターン7(特徴的な表現)

パターン7(特徴的な表現)

商品特性や、サービスを伝えるのに分かりやすい「言い回し」などがあれば、それを活用するのも一策です。

お申し込みはRHETOLOディーラーまで

▲PAGETOP