利用規約/プライバシー

RHETOLO法人付帯契約

株式会社ピコ・ラボ(以下「当社」といいます)は、当社と直接・間接(代理店との契約)を問わず、レトロコードの利用契約を締結する企業・団体様等と、RHETOLOユーザー利用規約に追加して、以下の付帯契約の締結を行います。

第1条. 利用申込前提条件

利用申込される企業・団体様等は、以下の条件を満たしている場合に限ります。

(1)現在事項全部証明書(写し可)の提出が可能な事業者であること

(2)レトロコード(取得した番号)にリンクする自社または事業サービスのWEBページを有している事業者であること

(3)日本国内に所在地および連絡先を有している事業者であること

第2条. レトロコードの取得

第1条に規定する企業・団体様のお申し込みにあたり、次の各号の事由により、お申し込みをいただいても取得できない場合があります。

(ア)社会的または公共的に利用されている番号(当社規定)であるとき

(イ)すでに他の事業者に取得された番号であるとき

(ウ)募集期間内において、同一番号を申請されている事業者が複数いる場合で、当社の審査または当社の採択方法によって、契約できなかった場合

(エ)その他、当社が不適当であると判断したとき

前項エの理由につきましては、申請者へは、一切、開示しないものとします。

第3条. 取得レトロコードの権利

取得されたレトロコードは、ご契約をいただいた事業者のみ、当社が権利付与を許諾したものです。よって、次の各号に抵触する事由が発生した場合は、ご契約いただいているレトロコードを解除(解約)する場合があります。

(ア)第三者へ転売もしくは貸与している事実が認められたとき

(イ)申込前提条件を偽ってお申し込みをしているとき

(ウ)自社サービスもしくは自社関連事業以外の情報を、自社事業として、契約レトロコードを利用しているとき

(エ)その他、当社が不適当であると判断したとき

前項エの理由につきましては、申請者へは、一切、開示しないものとします。

第4条. 権利解約

(1)前条以外でも、次の各号に定める事項において、著しい状況であると判断したとき、当社は、その理由のいかんに関わらず、お客様が権利を有しているレトロコードの権利を解除(利用停止)させていただく場合がございます。

(ア)当社直接・間接(代理店を通じた)契約を問わず、月額利用料の支払遅延、滞納などを行っているとき

(イ)契約レトロコードのリンク先の情報が、廃止または中止、および事実上、運用がされていない状態のとき

(ウ)契約レトロコードの利用頻度が極端に少ないか、事実上、契約レトロコードの公開がされていないとき

(2)前項ウのように、契約レトロコードを、一時キープなどの理由によって活用されていない。長い間、利用されていないなど、非利用状態が断続的または継続的になっている場合、または、当社が当該レトロコードの権利を有するにふさわしくないと判断した場合は、契約を解除する場合があります。

第5条. 附則

2011年3月1日 制定・施行
2012年4月19日 規約名、規約本文改定

▲PAGETOP